プーケット 観光 旅行 ホテル 地図 ダイビングや夜遊び、サーフィン、旅行記などをご紹介中

出入国関連情報

プーケットのパスポート&ビザについて

出入国関連情報コメント&トラックバック(0)

プーケットでの滞在は、観光目的の場合30日以内の滞在でしたら、往復もしくは次の渡航国への航空券チケットを所持していれば、ビザは必要ありません。

また、パスポートの残存有効期間は6ヶ月以上となっています。

さらに滞在期間を延長する場合は、入国管理局(バンコク)で1900Bの申請料金が必要になりますが、さらに30日延長が可能です。

ですので、上記のように延長してもよいですし、隣国に一度出てから再入国して滞在30日を伸ばすこともできますが、そんなに何度もやっていると、入国を拒否されることもあります。

なお、注意していただきたいのは、滞在期限切れで、罰金は一日につき500バーツ程度なのですが、次回以降の入国が難しくなる場合もありますので、十分に注意しましょう。

なお、ビザのお問い合わせは、
在東京タイ王国大使館VISA課
 TEL:(03)3441-1386

プーケット・タイの免税範囲

出入国関連情報コメント&トラックバック(0)

出入国にあたっては、お金や物について持ち込み制限や、持ち出し制限もありますので、十分に注意してください。

タバコ  200本まで。500グラム以上、または200本以上持ち込むと、1カートンにつき、4,675バーツの罰金がかかる

酒類   1本かつ1リットル以下(罰金あり)

その他  カメラ、ビデオカメラは各1台まで、など。

 

通貨に関する制限

出国

バーツ:一人5万バーツまで
外貨:2万米ドル相当以上は申告が必要。無申告は罰金

入国

バーツ:無制限
外貨:2万米ドル相当以上は申告が必要。無申告は罰金

プーケット長期滞在ビザのご紹介

出入国関連情報コメント&トラックバック(0)

先述の通り、30日未満の観光滞在ではビザは不要です。

しかし、仕事をしたり長期滞在する場合にはビザが必要となります。そこで、タイのビザについてご説明いたします。

なお、ビザの詳細につきましては、下記でご確認くださいませ。、
在東京タイ王国大使館VISA課
 TEL:(03)3441-1386

 

また、ビザによって延長申請等がタイ以外の第三国の領事館で行わなければならず、3ヶ月ごとの出国が必要になります。これを『ビザとリップ』と呼びます。

ビザ料金

ツーリスト(シングル・3ヶ月有効)1,000B

ノンイミグラントB  シングル2,000B(3ヶ月)、マルチプル5,000B(12ヶ月)

トランジット(シングル3ヶ月)800B

ビザ延長申請 1,900B

再入国(リエントリー)シングル1,000B、マルチプル3,800B 

 

ツーリストビザ

2ヶ月有効で、2ヶ月目にプーケットタウンとパトンビーチのイメグレーションに行き、計3ヶ月の滞在が可能。このとき申請料として1900Bかかります。ビザは滞在期間によってシングル、ダブル、トリプルの3種類があります。

就労ビザーNon-Imigrant B

仕事をするためのビザです。必要書類とともに大使館あるいは領事館に申請します。滞在できる期間はシングル(滞在可能日数90日)、ダブル、マルチプル(1年間有効)があります。3ヶ月ごとに出国する必要がある

就労ビザ-Bo1

出国せずにイメグレーションで更新が可能。給料条件がある

留学ビザ-NonED

90日滞在可能でそれ以上は申請

年金ビザ

60歳以上で月収15万円以上の人で日数は90日。90日以上はイメグレーションに申請

0-Aビザ

55歳以上。タイに預金80万B以上あるいはタイで月収6万5千B以上、などの条件あり。タイで延長申請ができるので出国の必要はありません。
出国してのビザ延長が必要な場合は、『ビザとリップ』が必要ですが、プーケットからですと、下記の国が利用しやすいです。

マレーシア・ペナン島

マレーシア・コタバル

マレーシア・クアラルンプール

プーケットメニュー

基本情報 概要情報気候・お天気治安と滞在中の注意事項お金・物価 情報アクセス情報交通情報出入国関連情報地図・所在地
観光情報 プーケットの楽しみ方プーケット地雷スポットプーケット観光スポットプーケットの離島ショッピングアクティビティ(陸)ダイビングとマリンスポーツゴルフ
オプショナルツアー  
ホテル

パトンエリア | カロンエリア | カタエリア | バンタオエリア | その他のエリア

ショッピング・お土産  
レストラン

パトンエリア | カロンエリア | カタエリア | その他のエリア

スパ・マッサージ  
エリアガイド  
ランキング  
口コミ情報  
夜遊び  
現地ガイドのブログ  
旅行記  
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0