プーケット 観光 旅行 ホテル 地図 ダイビングや夜遊び、サーフィン、旅行記などをご紹介中

治安と滞在中の注意事項

プーケットの治安情報

治安と滞在中の注意事項コメント&トラックバック(0)

1

プーケットの治安は、どうなのでしょうか。

一般的に言いますと、非常に安全だと思います。

どこの国のリゾートでもそうですが、置き引きや、詐欺などの軽犯罪などは多発しますが、殺人などはめったにないです。

このプーケットも同様で、軽犯罪には気をつけるべきでしょう。

また、客引きは基本的にはすべて無視しましょう。トラブルが非常に多いのでやめたほうが無難です。悪質な客引きは金銭的な被害はもちろん、旅行全体が台無しになってしまいます。

3さらに、夜間の女性の一人歩きや、危険なエリアの立ち入りなど、常識を逸脱した行為を行わなければ、安全な場所といえます。

なお、お隣マレーシアがイスラムの国ということもあり、タイ本土の南部では、テロなどによる治安が心配されている場所もありますので、十分に注意してください。

2010年現在、外務省の海外安全ホームページでも、南部(プーケットではないです)治安の悪化が懸念されていますので、十分に注意してください。

下記が外務省の海外安全ホームページURLになります。

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007

タイの感染症

治安と滞在中の注意事項コメント&トラックバック(0)

インフルエンザなどの感染症は、どこの国にいてもつき物ですし、避けられないものです。プーケットも同様で、やはりその危険はあるでしょう。

インフルエンザや、SARSの情報は、外務省で公開されていますので、ご注意ください。

 

蚊にご注意!(デングネツ・マラリヤ)

日本にいても、インフルエンザなどのケアなどをしますので、こちらでもそんなに差異はありません。

1しかし私が心配なのは、『蚊』です。

日本では蚊による病気の媒介は皆無です。しかしながら、東南アジア諸国では、これらがさほど珍しいものではないことをご承知おきください。(とはいえ、注意していれば、ほぼ大丈夫)

病気を媒介する代表的なかは『ネッタイシマカ』というやつで、主に夜行性です。

ですので、夜間の外出や、自然の多いところに外出される際は、必ず虫除けをご利用ください。

2有効成分のディードがしっかり入っているものをおすすめです。日本で売っているのでディード5%のジョンソンエンドジョンソンのプッシュ式の青色のがたくさん使えておすすめです。(缶のスプレー式のは大きさの割りにすぐなくなります)

また、現地には、より濃度の高いものが売っていますが、お子さんには使わないほうがよいでしょう。

また、夜間はホテルなどで、蚊取り線香などを使いましょう。私は旅行の際は、携帯用の小さなものをもって行きます。

プーケットの氷とお水

治安と滞在中の注意事項コメント&トラックバック(0)

水道水について

プーケットの水道水は、決して飲まないように。

水道水=飲料水 という考えは持たないようにしましょう。
もっとも、東京でもあまり水道水は飲まないですよね。

水道水は、シャワーや、洗顔には問題ないでしょう。歯磨きなどは私は心配なので、備え付けのミネラルウォーターを使います。
(一定レベル以上のホテルでしたら、洗面所にミネラルウォーターがついていますね)

ちなみにスーパーなどで、5~10バーツも出せばミネラルウォーターが売っていますので、そちらを利用してゆきましょう。プーケットは熱いので、ミネラルウォーターが手放せません。

※ミネラルウォーターもなるべく有名ブランドのものを買うようにしましょう。

 

氷について

基本的には、レストランでは口に入る水は浄水器などを利用しているので、大丈夫だと思います。

ただし、心配な方は、氷は取り除きましょう。

プーケット病院情報

治安と滞在中の注意事項コメント&トラックバック(0)

腹痛などに備えて、私は海外旅行には必ず正露丸を持参します。

正露丸は諸説ありますが、確実なのが有効成分の『クレオソート』の殺菌成分です。ですので、こういったエリアでの腹痛には非常によく効きます。事実、戦時中の日本兵を多く死から救っています。

とはいえ、病気のときはまずはホテルに相談し、必要に応じて病院を手配してもらいましょう。

病院は日本人観光客も多いため、日本語スタッフがいる病院もあります。

なお、病気に備えて、必ず、海外旅行保険か、ゴールドクレジットカードで保証内容のよいものを持参しましょう。(海外クレジットカードでおすすめはこちらのサイトにありました)

プーケットインターナショナル病院

(日本人スタッフあり 月曜~金曜:8時~17時。土曜:8時~12時。英語可)
住所:44 Chalermprakiat Ror 9 Rd Phuket 83000 Thailand
TEl:(076)249400 緊急:(076)210936, (076)2493938 FAX:(076)210936

バンコクプーケット病院

(日本人スタッフあり 8時~17時。英語可)
住所:2/1 Hongyok Utis Road, Samkong, Phuket 83000 Thailand
TEl:(076)254421~29 Fax:(076)254430

本当に困ったときは

治安と滞在中の注意事項コメント&トラックバック(0)

タイで本当に困ったときは、日本の領事館に相談してください。

在タイ日本国大使館
住所:177 Witthayu Road, Lumphini, Pathumwan, Bangkok 10330,Thailand
  電話:(66-2)207-8500、696-3000
  FAX:(66-2)207-8510
  ホームページ:http://www.th.emb-japan.go.jp/
在タイ日本国大使館領事部
  電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人保護)
     (66-2)207-8501、696-3001(パスポート、証明、在外選挙等)
  FAX :(66-2)207-8511
在チェンマイ日本国総領事館
  住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,T.Haiya, A.Muang, ChiangMai,50100 Thailand
  電話:(66-53)20-3367
  FAX :(66-53)20-3373

Page 1 of 212

プーケットメニュー

基本情報 概要情報気候・お天気治安と滞在中の注意事項お金・物価 情報アクセス情報交通情報出入国関連情報地図・所在地
観光情報 プーケットの楽しみ方プーケット地雷スポットプーケット観光スポットプーケットの離島ショッピングアクティビティ(陸)ダイビングとマリンスポーツゴルフ
オプショナルツアー  
ホテル

パトンエリア | カロンエリア | カタエリア | バンタオエリア | その他のエリア

ショッピング・お土産  
レストラン

パトンエリア | カロンエリア | カタエリア | その他のエリア

スパ・マッサージ  
エリアガイド  
ランキング  
口コミ情報  
夜遊び  
現地ガイドのブログ  
旅行記  
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0